リッチー・ポートの打席指定HR―月チャリ開始記念に栗村さんMVCをご紹介

春休み前の小学生たちが、どんどん物を持ち帰ってきます。A田です。

さて、昨年J SPORTSオンデマンドで配信されていた「月チャリ」の今年の配信が始まりました。私も視聴して、1月のツアー・ダウンアンダーのことを思い出しましたので、少しまとめたいと思います。

さらに、この四半期で一番の、SPORTSおなじみの解説、栗村修さんの迷言、もとい名言:MVC(Most Variable Comment)もご紹介します。

「月チャリ~#jspocycle NEWS~」で、1月から3月までのレースをチェック

昨日の初回放送では、サッシャ、カメラマンの辻さん、栗村修さんの3人で1月のツアー・ダウンアンダーから先日終了したパリ・ニースまでを振り返りました。

DAZNで配信したUAEツアーやオムループ、ストラーデ・ビアンケも、ボードを使って振り返っていましたよ。これから自転車ロードレース観戦シーズンに入る方にも、とてもおすすめです。

J SPORTS4月末までの配信/放送予定を並べてみる

「月チャリ~#jspocycle NEWS~」の配信予定(初回)と、J SPORTSでのレース配信予定を並べてみました。月チャリのTV放送は配信日の翌火曜日の8:00~9:00です。

  • 4/14(日) パリ~ルーベ 17:55~翌2:30
  • 4/15(月)月チャリ
  • 4/24(水)フレッシュ・ワロンヌ 21:00~翌1:30
  • 4/28(日)リエージュ~バストーニュ~リエージュ 21:20~翌2:00
  • 4/29(月)月チャリ

※間違ってたらごめんなさい。詳しくはJ SPORTSオンデマンド、またはJ SPORTS

ちなみに3/18配信の月チャリは、J SPORTSオンデマンド限定の30分オマケ付きでした。(5月末まで視聴可能ですよ! オンデマンド考え中の方はぜひ)

本音トークを 楽しく視聴しました。やっぱりアスタナ祭りですよ。春の。春限定の?

こちらの記事もどうぞ:春のアスタナ祭り! 2019も期待大。ティレーノ~アドリアティコ&パリ~ニース閉幕

MVAは「新・横風職人」ルーク・ロウ

番組では毎回、MVA(Most Variable Asist)つまり最も活躍したアシスト選手を決めます。

今回は、辻さん、栗村さん一致で、パリ~ニースで「新・横風職人」の称号を受けたチーム・スカイのルーク・ロウでした。(元祖の「横風職人」はベンナーティ)

一番右がルーク・ロウ。力強い引きでベルナル、クフィアトコウスキーをアシスト

「マスター・ルーク」などとも呼ばれていましたね。ジェダイの戦士にしても、屈強すぎる。1990年3月10日イギリス生まれ。パリ・ニース中に29歳の誕生日を迎えていました。

2019年第1四半期、MVCは「座席指定ホームラン」

はい、では本題いきます。

まだ3月半ばではありますが、今年2019年の第1四半期のMVC(Most Variable Comment)の発表です。

「もうね、ただの予告ホームランじゃなくてですね。それ以上。座席指定ホームラン。そのくらいすごいことです・・・・・・?」by 栗村修

こういうことですか

1月に開催された2019年初のUCIワールド・ツアーである、ツアー・ダウンアンダー。その最終ステージ、
「ウィランガヒル」というダウンアンダー最高峰の山岳を含むクイーンステージでの話。

ウィランガヒルが出てくるステージは、これまで、今年トレック・セガフレドに移籍したリッチー・ポートが5連覇していました。

そして、今年、見事に6連覇! 座席指定ホームランを打ったわけですよ。リッチー・ポートが。

「月チャリ」でもう一度「座席指定」が聞けるかな? と期待しましたが、それはありませんでした。

リッチー・ポートがウィランガヒルを勝った第6ステージ
Highlights | southaustralia.com Stage 6 | Santos Tour Down Under

総合優勝は13秒差でダリル・インピーとなりましたが、「今年はグラン・ツール獲って!」と心から応援したくなる、リッチー・ポートの活躍でした。

ツアー・ダウンアンダーの記事は、初期に色々書いています。こんなものやこんなこんなもの。よろしければどうぞ。

蛇足です:「あぶさんの内角低め」だと思うの

栗村さんの「座席指定ホームラン」解説に、実況のサッシャが「・・・?」となった流れのときに、思いました。

『あぶさんの内角低め』ってことでは・・・?

「あぶさん」は、水島新司先生の漫画「あぶさん」の主人公、影浦安武(通称:あぶ)です。

プロの野球選手でスラッガーで、「物干し竿」と呼ばれる特注94cmの長いバットを使っています(普通は85cmくらい)。にもかかわらず、得意なコースは「内角低め」。

勝負所で投球が内角低めに入ったら、まずスタンドに持っていかれます。ホームランです。

あぶさんは他にも、酒しぶきや、50歳まで現役など、すごいところいっぱいあるんですが・・・それは置いておいて。

条件発動の必勝技を使っていけ! ポートのグランツールでの活躍を祈る

「ciclissimo No.59」の選手名鑑によると、リッチー・ポートは「永遠のグランツール総合優勝本命」という称号を持っているとか。

エース同等、もしくはそれ以上の実力がある「スーパーアシスト」から名実ともにエースになってから(その前もですが)、グランツールで勝ってないんですね。

34歳。今年こそ、グランツールの優勝争いに絡んできてほしい。応援してます。

ウィランガヒルの勝利の瞬間を、と思ったら、何この楽しそうな写真!
@richie_porte

ウィランガヒルみたいな条件発動の必勝技。その条件だけど、「オーストラリアの山に限る」とかではないよね?

今年のリッチー・ポートの活躍、楽しみです!

Port,TDU
最新情報をチェックしよう!
広告