ツアー・ダウンアンダー2019第2ステージ:「誰!? 」と解説&実況が叫ぶスプリント

こんにちは、A田A子です。

さて、昨日のツアー・ダウンアンダー第2ステージをJ SPORTSで視聴したレポートです。

コース周辺にカンガルーもコアラいるオーストラリアのレース

第1ステージに続いて第2ステージも暑さによりコースが短縮され、149kmから122.1kmになりました。平坦ですが、ひとつ山岳ポイントの設定があり、ラストは上り基調というコースです。

飯田アニキが南オーストラリアのプレゼンテーションを強力にアシスト

解説はおなじみ、アニキこと飯島誠さん、実況は谷口広明さん。

「いや~、オーストラリアはほんっっとに食べ物がおいしいんですよね~」とアニキ。

シーフード、オージービーフ、コーヒー、 ワイン。取り立てて具体的なメニューや描写があるわけでもないのに、アニキの「おいしいんですよ~」には謎の説得力があります。それはきっと真実だからでしょう。

途中、世界的なワインの生産地であるバロッサ・バレーを通り抜けるシーンもあり、なんかもう、行きたくなりました。南オーストラリア。

こちらはイメージですが「冷えた白ワインがアデレードの気候に合う」と辻カメラマンも言っていました

ただでさえ、プレゼンテーションが上手なんですよ。ツアー・ダウンアンダー。

レース中継のあいだにも、おしゃれな観光映像がはさまれるし。コース周辺にいる野生のコアラとかカンガルーの生映像が流れるし。ゴール後には、レース会場で食べたり飲んだりする観客が楽しそうで、楽しそうで。

ゴール後にはさらに、レース前に選手にインタビューした映像も流れるのですが、それもいつになく和やかな雰囲気なんですよ。

これは、来年は現地観戦かなー!? なーんてね。本気です。

ゴール手前で落車発生! 前方にいた小集団から抜け出したのは?

残り1kmを切り、各チーム集団スプリントの体勢に入った矢先、大規模な落車が発生。飛び出したL.L.サンチェスのスプリットに入って追い抜き、加速するカレブ・ユアンやピーター・サガンを振り切ってゴールしたチーム・CCCの選手。

「誰?」「誰だ!?」

叫ぶ解説と実況。こういうことは、ままありますね。

https://www.instagram.com/p/BssODNxD7Bt/?utm_source=ig_web_copy_link
新生チームで大金星をあげたベヴィン
CCCチームのInstagramより

同じニュージーランド出身の選手が祝福している様子が決定打となり、勝ったのはパトリック・ベヴィン、と特定に至りました。

英語ではどうかな? 動画で確認をどうぞ。

Highlights | Novatech Stage 2 | Santos Tour Down Under

CCCチームとは? 新BMC、もとい、オレンジジャージの新生チーム

CCC ProTeamは2019年に発足したUCIプロチームで、ポーランドのチームです。日本での呼び方は「ツェツェツェ」となるか、「シーシーシー」となるか、今後の展開待ちでしょうか。

ダウンアンダーに臨むCCCチーム

BMCの後身のチームです。スポンサーが撤退したBMCですが、代わってポーランドのシューズ・バッグ製造ブランドCCCがタイトルスポンサーにつきました。マネージャーやスタッフなどはそのまま。

ただ、多くの選手が他チームに移籍したこともあり、16名が新規加入。しかも大部分がプロコンチネンタルチームからの加入だそうです。エースはBMCから残留するヴァンアーヴェルマート、ゲシュケやテンダム、マレツコの加入もありましたが、「新生」という印象が強いです。すごく応援したくなります。

ベヴィンは何者? ニュージーランド選手権T.T.チャンピオン

ニュージーランド出身の27歳。直前にあったニュージーランド選手権のタイムトライアル(T.T.)で優勝しています。昨年のUCI世界選手権のT.T.では8位。昨年ツール・ド・フランスのチーム・タイムトライアルでのBMCの優勝にも貢献したそうです。

今回のステージで、スプリント力のあるところも見せつけました。新生チームの新星登場です。

「スタートの時点で自分を優勝候補に挙げていた人はまずいないと思う」


cyclowired.jpより「ユアンやサガンを下したベヴィンがCCCに初勝利とリーダージャージをもたらす」

そう語るベヴィンですが、言葉の裏には自信が見え隠れ・・・なんて、すみません。実はここ、後日編集して書いています。リーダージャージを着た新星ベヴィンの進退やいかに!?

第3ステージも楽しみです!

最新情報をチェックしよう!
広告