デジタルスイス5:バーチャルロードレースをJ SPORTSが実況解説付き配信・放送

昨日は3歳の末っ子とおたまじゃくしを見に行きました。

去年も見たはずなのに「おたまじゃくしって何?」と言う末っ子。今この年齢の子供には、他にも見せたいものがいっぱいありますが… 近所の池で我慢。アメンボとミズスマシも見ることができました。

新型コロナウイルスでスポーツどころではない状況が続いていますが、一方でバーチャルでのレース開催が目立ってきています。

私は正直、ついていけていない感があるのですが…

デジタルスイス5、5日間のステージレースをバーチャルで

ツールドスイスのデジタル開催、ということで4月22日から始まっています。私は今日夜までに追いつく予定です。

出場チームは、ワールドチームが16。そこにラリーサイクリング、トタル・ディレクトエネルジー、スイス・ナショナルチームが加わって19チーム

ロンドファンフラーンデレンは13名、ジロデイタリアは4チームで開催していること考えると、かなり大規模ですね。

今回のバーチャルライドのアプリはROUVY。全部CGのZWIFTと違い、実写風景のなかをアバターが走ります

TdS Digital Swiss 5 Teaser

私は学生時代にヨーロッパを電車で旅したことがあったのですが、スイスは宿代が高すぎて、足が震えて踏み入ることができませんでした(バックパックじゃなかった)。以来、スイスは敷居の高い憧れの地です。

アルベルト・コンタドールがチューリヒに住んでますよね。インスタ(@acontadoroficial)で垣間見る彼の自宅、それが私のスイスのイメージを2割ぐらいを占めています。

とにかく、スイスは美しい! 楽しみ!

昨年、スイスの美しさを表現しようと試みた記事

デジタル開催に合わせたルール設定

出場チームは19。エントリー選手は各チーム10〜15人前後。そのなかから毎日、3名が出場するのだそうです。

例えば第2ステージのスタートリストはこんな感じ(jsports.co.jp)

なので、総合タイム、総合優勝というものはなく、1日ごとに勝者が決まります。

また、コースも30km前後、最長で46km。ドラフティング(複数走行で風除けすこと)ナシ、下り坂ナシ。ですが山岳ステージはしっかりあります。

開催は毎日ヨーロッパ中央時間の17時、日本時間0時から。

J SPORTSが実況解説付きで配信・放送

第1〜3ステージはJ SPORTSオンデマンドのみ、ライブ配信。第4、5ステージはテレビも生放送になります。

私はJ SPORTSテレビ契約なのですが、どおりで放送日時がバラバラだと思った…

デジタルスイス5日程一覧

いつものように、一覧にしてみました。放送は複数回あります。4/24、25は生放送です。

Stgの数字に公式ページのリンクを貼っています。

日程Stg.コース配信開始解説 / 実況
4/22(水)1Agarn – Leukerbad
山岳26.6km
深夜0:10飯島誠 / サッシャ
4/23(木)2Frauenfeld
平坦46km
深夜0:10栗村修 / 谷口廣明
4/24(金)3Fiesch- Nufenenpass
山岳33.1km
深夜0:10飯島誠 / サッシャ
4/25(土)4Oberlangenegg – Langnau
山岳36.8km
深夜0:10栗村修 / 谷口廣明
4/26(日)5Camperio – Desentis – Sedrun
山岳36km
21:10中野喜文 / サッシャ

注目選手

昨年の総合優勝は、チーム・イネオスのエガン・ベルナル。ツールドフランス優勝の序曲だったわけですね。

今年の注目選手はコチラ…(手抜き)

@tds

実写ならではの臨場感も

この記事を書いているうちに、あれよあれよと時間が進んで、デジタルスイス4日目になってしまいましたorz そして、録画した1〜3ステージを見ているのですが、衝撃的なのが対向車の存在です。

突然、選手に襲いかかる対向車。実写の道路なので仕方のないことなのですが、バーチャル空間の壮大なバグ、という感じがしてたまらんです。

バグ(ROUVYは仕様だけど)を発見すると嬉しくなってしまうのは、ファミコン世代だからでしょうか…

とにかく、新しい観戦体験なのは間違いありません。

今夜のデジタルスイス5生放送、楽しみです!

最新情報をチェックしよう!
広告