ジロ・デ・イタリア開幕直前!コース、日程、DAZN配信予定&ジロがピンクな理由

今年度は子どもの小学校の役員選出委員になりまして、すでに令和二年度の話でてんてこまいのA田です。

ついに、今年初のグラン・ツール、ジロ・デ・イタリアの開幕が迫ってきましたね。5月10日にチームプレゼンテーション、5月11日にスタートです。

3週間ありますからね。観戦するほうも全力です。今回はDAZNの配信予定を一覧にしてみました。スケジュールと照合しながら、がんばって視聴するステージを決めていきましょう。

ジロ・デ・イタリアのDAZN配信予定一覧

並べてみないと、頭に入ってきません・・・。詳細はDAZN「ロードレースまとめ」で。今回は表のステージの数字に「ロードレースまとめ」の該当リンクを貼りました。(一部リンク切れで確認できませんでした。確認次第、修正します)

日程Stgコースなど配信時間コメンタリー
5/10(金)チームプレゼンテーション4:25~木下貴道
5/11(土)1I.T.T. 8km23:40~笹川裕昭/別府始
5/12(日) 2スプリンター向き
205km
20:05~ 笹川裕昭/TBD
5/13(月)3平坦 220km20:05~小俣雄風太/綾野真
5/14(火)4平坦 235km20:05~南隼人/別府始
5/15(水)5スプリンター向き
140km
20:45~木下貴道/水垣偉弥
5/16(木)6最後上る
233km
20:05~別府始/宮澤崇史
5/17(金)7途中上る
185km
20:05~小俣雄風太/鈴木太地
5/18(土)8平坦 239km20:05~木下貴道/土井雪広
5/19(日)9I.T.T. 34.8km20:05~笹川裕昭/宮澤崇史
5/21(火)10ど平坦 145km20:35~南隼人/土井雪広
5/22(水)11ど平坦206km20:35~木下貴道/宮澤崇史
5/23(木)121級山岳あり
146km
20:15~南隼人/飯島美和
5/24(金)13山頂finish
188km
20:05~笹川裕昭/鈴木太地
5/25(土)14山岳 131km20:00~小俣雄風太/別府始
5/26(日)15山岳 237km20:05木下貴道/土井雪広
5/28(火)16チマ・コッピ
226km
20:05~小俣雄風太/土井雪広
/飯島美和
5/29(水)17丘陵 181km 20:05~南隼人/宮澤崇史
5/30(木)18平坦 222km 20:05~別府始/マルコ・ファヴァロ
5/31(金)19山頂finish
151km
19:45~笹川裕昭/土井雪広
6/1(土)20山岳 194km20:05~別府始/綾野真/宮澤崇史
6/2(日)21I.T.T. 17km20:30~木下貴道/宮澤崇史

DAZNがYoutubeにあげている動画でもコースを確認できます。距離が微妙にロードレース.jpと異なる・・・まあ、大体のところと思ってください。

各ステージのプロフィールを確認できます
ジロ・デ・イタリア 2019 コース紹介【DAZN】

前半戦は思い切り平坦多目なようです。

イタリア半島の付け根にあるボローニャで開幕し、半島の西側を南下して東側を北上。後半は北部の山岳地帯を反時計回りにぐるっとまわってきて、これまた北部のヴェローナで閉幕。

詳細はこちらでご確認ください。ロードレースまとめ

急げ! ジロ・デ・イタリア開幕までにやりたいこと

別府始お兄さんがDAZN加入から、第1ステージ視聴までのロードマップを示してくれていますよ! 正直に言いますと、私は昨年は、ジロの1ヶ月だけDAZNと契約していました。まずは、それでもいいんじゃないでしょうか。

わくわくします!
@HajimeBeppu

私はドキュメンタリー映画とハイライト、見たいと思いつつ見れてません。開幕までに間に合うのか??

ところで、ジロ・デ・イタリアは何故ピンクなのか

ジロ・デ・イタリアの総合リーダージャージは、マリア・ローザ。バラ色(ピンク)ですね。昨年は最終的にフルームが着ました。

2018年に総合優勝したフルーム。ピンクの紙吹雪。めでたい!
@giroditalia

ポディウムも、ガードも、横断幕も沿道の旗もピンク! 街も文化遺産もゲレンデも、各地がピンクに染まります。近年は投影技術も相まって、ピンク度があがっている気がします。

今年はレオナルド・ダ・ビンチ没後500年。ダビンチ美術館もピンクに
@giroditalia
最終ステージのあるヴェローナのスタジアムも
@giroditalia
第16ステージに登場するPonte di Legno
@giroditalia

ピンクって、やっぱり華やかでパワーのある色ですよね。それにしても、どうしてピンクなのでしょう?

ピンクの紙面でおなじみの『ガゼッタ・デル・スポルト』が主催だから

答えはもちろん、スポンサー絡み。イタリアの大手スポーツ紙『ガゼッタ・デル・スポルト(La Gazzetta dello Sport)』がジロ・デ・イタリアを主催しているから。

ガゼッタの紙面は、ピンク色なことでおなじみなんですね。

100年前からガゼッタはピンク。バルディーニの時代も

じゃ、何故にガゼッタの紙面はピンク色なのかというと、諸説ありますが、昔は白色の紙よりも色つきの紙のほうが安価だったというあたりが理由のようです。緑にしてみたり、白にしたり、試行錯誤もありましたが、現在はピンクの紙面といえば、ガゼッタ。ガゼッタといえばピンクの紙面です。

おまけ:A田家のピンク事情

長女が赤ん坊のころ、私はネイビーやブラウンの服を多く買っていました。「2人目の子が男の子でもおさがりしやすいように」という理由でしたが、女子=ピンクというようなジェンダーを押し付けるのもな~、という気持ちもありました(ジェンダー教育の行き届いた女子高出身者の基本姿勢)。

にもかかわらず。長女はいつのまにかピンク大好き女子になりました。幼稚園の年長くらいで「私は水色のほうが好き~」などと言い出すまで、なんでもピンクでした。

末っ子が着ているのは一応フラミンゴ柄です

そして息子は。小さい頃から姉のおさがりで、ピンクに慣れ親しんできました。ピンクの長靴がお気に入りで、いつも履いていました。私が「おさがりできそう」と買ったピンクに青のラインが入ったリュックサックを、今も喜んで背負っています。

サッカーにピンクのタオルを持っていく息子ですが、だからといって、からかわれたりはしません。チームにはピンクのサッカー帽をかぶっている子もいまして(Amazonでピンクが一番安かったらしい)。今どき男子はピンクも普通なんです。

末っ子はといえば、ピンク期まっさかり。柄にも敏感で、例えばフラミンゴ柄のスパッツには、フラミンゴ柄の上衣しか着ようとしません(フラミンゴ柄の上衣、それはパジャマだっつの)。

ともかく。

ピンクは人を惹きつけるパワーのある色なんじゃないかな、という話でした。

ジロ中は、私もピンクを多めに着たいと思います(本気)。

楽しみです!

最新情報をチェックしよう!
広告