平成最後に5月のロードレース配信予定―そしてロードレースとの出会いを振り返ってみた

ついに平成が終わりますね。私は昭和が終わるときは小学生で、そのときの世の中の暗い雰囲気を覚えています。ので、こんなにも明るい元号の変わり目に驚きつつ、心からいいな~と思っています。

平成の30年余り、苦しかったこともあったけど、概ね幸せに生きて来られたこと、感謝したいです。

あと、成人してから20年余りずっと、役所に行くたび子どもの書類を書くたび「今年って平成なん年だっけ?」「平成なん年生まれだっけ?」と言い続けてしまいました。どうしてだろう・・・

令和は、しっかり数えて心に刻みながら生きたいと思います。

というわけで、平成最後にすべり込みで更新したかったのが大きいのですが、ともかく5月の自転車ロードレースの放送予定だけでもざっとまとめさせてください。記念に。

5月のレース日程一覧とDAZN、J SPORTSの配信・放送予定

  • 4/30(火)〜5/5(日) ツール・ド・ロマンディ【スイス】 / DAZN
  • 5/1(水) エシュボルン・フランクフルト【ドイツ】/ J SPORTS
  • 5/3(木)~5/5ツール・ド・ヨークシャー【イギリス】/ J SPORTS ※UCIヨーロッパツアー
  • 5/11(土)〜6/2(日) ジロ・デ・イタリア【イタリア】 / DAZN
  • 5/12(日)~5/18(土) ツアー・オブ・カリフォルニア【アメリカ】 / J SPORTS

はい。

というわけで、ツール・ド・ロマンディが今日の23時からDAZNでライブ配信されています。今日はプロローグで、個人タイムトライアル(I.T.T.)。コメンタリーは、おなじみの木下貴道さんです。

今ライブ配信を見ながらこの記事を書いていまして、「0:00」にカウントダウン的なことを木下さんがやってくれる模様です。もちろん、レースの画像は国際配信なので、コメンタリー上だけのことですが。

フルーム(とキンタナ)とロードレースに出会った・・・のは平成なん年?

本来であれば各レースの地理・文化的背景とか、歴代優勝者や注目選手を書いていくところなんですが、なにぶん、平成→令和の変わり目記念の更新ということで。それはまた今度書きます。

ざっと自分語りしたいと思います。(時間がない。もうすぐ23時半)

私が自転車ロードレースを見始めたのは、クリス・フルームがツール・ド・フランスで初優勝した年でした。2013年ですね。J SPORTSも知らずDAZNは日本に存在せず(多分)、見ていたのはNHKの「まいにちツール・ド・フランス」でした。

キンタナとフルームのモンバントゥーでの闘い。ロードレースに魅せられた瞬間として記憶しています。

でもその年はツール・ド・フランスだけで終わりでした。グラン・ツールという言葉も知りませんでした。

その翌年のツール・ド・フランス。フルームは序盤の石畳のステージで落車、手首を骨折してリタイアしてしまいました。私はニバリの優勝をNHKで見つつ、「フルームは『ブエルタ・ア・エスパーニャ』に出場する」、という情報を得ました。

ブエルタ・・・何それ?

という状態から、フルームを見たい一心でJ SPORTSと契約し、ロードレース観戦の海に漕ぎ出していったのでした。デゲンコルプがめちゃくちゃ強かった年です。そして、ツールで脚を骨折したコンタドールが復活して優勝した年です。

平成最後にSkyが消えて、私はロードレースブログを更新している

当時、娘が幼稚園児で息子が乳幼児でした。真夜中のロードレース観戦が唯一の娯楽で、観戦仲間は2ちゃんねるの実況板でした(ロムだけ)。

娘の出産で会社を退職してしまっており、ライターとして再出発する道を模索していました。

その後、運よくライターとして仕事できるようになり。末っ子の出産のために、仕事をすべて手放して、毎日ライブでゆったりジロ・デ・イタリアを見た年もありました(ニバリが優勝した年)。乳児を抱えて仕事を再開して死ぬほど忙しく、ジロ・デ・イタリアをまったく思い出さずに過ごした年もありました(デュムランが優勝した年)。

そうして細々とロードレースを観戦してきて、フルームのツール3連覇がありドーピング疑惑もあり、昨年のツール・ド・フランスでゲラント・トーマスの優勝もあり、それでも私はフルームの5勝を願って今年2019年を迎えたんですよ。

そうしたら、新年早々、Sky消滅のニュース!!のけぞりました。

一方、私自身は2018年末にライターデビューからお世話になった事務所とさよならする決意をしまして、ちょっと時間ができていたわけですよ。

さらに東京オリンピックのロードレースのスタートが隣町だということを知り。ブログスタートへとエンジンが加速していったわけです。

そんなわけで、これからもよろしくお願いいたします

30分前に、チーム・イネオスのキリエンカが走りました。キリエンカのことはまた書きたいと思いますが、このタイミングで復活を見届けられたこと、個人的にとてもうれしい。

これからも楽しみです!

最新情報をチェックしよう!
広告