サイクルロードレースは間違い?サイクリングロードレースが正解?本当のところ

こんにちは、娘のバレンタインデーが終わってひと息のA田です。

このブログを立ち上げてひと月、まだまだ工事中、記事も鋭意仕掛かり中です。

そんななか。

ひとつ、衝撃的な事実が発覚しました。サイクルロードレースファンとしては見逃せない事実。今日はそのことについてご報告しますね。

「サイクルロードレースファンのみなさま」とは。

衝撃の事実とは、ずばり。

いつも楽しく拝読している「ロードレースを翻訳するブログ」のこちらの記事です。

J SPORTS視聴者のみなさま、ご存知でしたか? 私は知りませんでした。

「サイクルロードレースファンのみなさま、こんばんは」

と言われて何の違和感も持っていませんでした。というか、このフレーズを聴くと心躍ります。結論からいいますと、なんぼ正しくても「サイクリングロードレースファンのみなさま」と呼びかけてほしくはありません。

(ちなみに私はなぜか、このフレーズは永田実さんの声で再生されます)

ですが。

正しくはCycling road race(サイクリングロードレース)。でも「サイクリング」って…

「サイクルロードレース」は和製英語でした。

×Cycle(サイクル) ○Cycling(サイクリング)

東京五輪の英語版サイトでもロードレースは「Cycling Road Race」と表記されているそうです。

たとえば、コース発表の英語版。ほんまや。

でも、ですよ。

「サイクリング」っていうと、ファミリーまたはカップル、ときどき友達同士でのんびり自転車でお出かけするイメージが強すぎますよね。

私が生まれて初めて「サイクリング」という言葉に触れたのは、『サザエさん』の4コマ漫画だったような気がしています。サザエさん一家がTVのエンディングでタンデムに乗っているような(実際乗っているかはわかりませんが)、そういう響きが、日本における「サイクリング」にはあると思います。

「サイクリングロードレース」では長い、ということももちろんあるでしょう。けれど、それ以上に、のんきなお遊び的イメージが浸透してしまっていることが、その使用を控えさせているのではないでしょうか。

折衷案「自転車ロードレース」に変更

はい、というわけで。

このブログのタイトル含め、「サイクルロードレース」と表記していたところは「自転車ロードレース」に変更しました。

「ええ、情弱ですとも」とみずから開き直って「サイクルロードレース」押しでいくこともないな、と思いまして。ダブルバイトの便利なところを生かしていこうと思います。

お好きに読んでください。「自転車ロードレース」。

私はやっぱり、「サイクルロードレース」と読みたくなります。ちなみに冒頭で紹介した記事では、英語ネイティブの知人に実際のところを聞いていました。

どうなったかは、引用元の記事でご確認ください。

めでたし、めでたし。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
広告